「安達ロベルトによる 新しいシャシンの授業」
    写真を「作品」に変える4つのヒント

私は常に新しいものをつくりたいと思っています。作曲家、画家、文筆家、プロデューサー、講師としての活動のなか で、聴いたことのない音楽、見たことのない絵、読んだことのない文、体験したことのないイベントや講座をつくろう してきました。

写真はどうでしょう。カメラが普及していない時代に新しい写真をつくることは、さほど難しいことではありませんで した。ところが、先進国ではほぼ全員にカメラが行き渡り、世界中のあらゆる場所が撮り尽くされた今、誰も見たこと のない新しい写真をつくることは日に日に困難になっています。あなたも、「どこかで見たことのあるような写真」に 落ち着いたりしていないでしょうか。

そこで、この2日間の講座で、写真を「作品」にする4つのヒント、新しい写真をつくるヒントを伝授します。 座学と実習を通して、ヒントを学び、作品づくりを体験し、発想の転換をします。

写真表現の幅を広げたい方、作品を世界に発信したい方、個展を開きたい方にもオススメです。

◎安達ロベルトBlog  焦点:より「写真を作品に変えるヒント」
→ http://robert.cocolog-nifty.com/focus/2017/04/2-8e14.html

 

(安達ロベルト)

2013.11 神戸ストリートスナップ with RICOH GR × 安達ロベルト

安達ロベルト×木下アツオ「音楽と写真展2012」インタビュー映像

<授業 1日目>
●1時限 「作品はアイディア」
・写真と作品のちがい
・カメラは受信機
・写真と音楽
・写真と俳句
・レアリズムとセンチメンタリズム
・人は新しい写真に何を期待するか

●2時限 「繰り返しの技法」
(撮影実習とともに)
・テーマとモチーフ
・繰り返しの技法
・抽象化とは
・繰り返しの技法を用いた組写真を制作
・講評

<授業 2日目>
●3時限 「作品は型破り」
・いい写真というものはあるのか
・習字と書道
・美と醜

●4時限 「セットアップの技法」(撮影実習とともに)
・3~4名のグループに分かれてセットアップの技法を用いて作品制作
・講評

 
<講師プロフィール>
安達ロベルト Robert Adachi

スポーツ三昧の日々から高校でアメリカ・アーカンソー州に留学、ファインアートが評価され州の芸術賞を総なめ。コ ンピュータープログラミングでも優秀な成績を収める。帰国後は国際法と難民問題を研究。NGO、国際組織に多数関わる。22歳で作曲家すずきみゆき氏に師事。演劇、コンテンポラリーダンス、映像、CM、テレビ番組、映画等に楽曲を提供、国内外で演奏活動を行う。脚本・作曲・演出を担当するオリジナル音楽劇は毎回満員御礼。石川文洋氏の写真に衝撃を受け、32歳で独学で写真を始める。ウェブに載せた写真がきっかけで雑誌の仕事をするようになる。リコーGR デジタルシリーズ、GXRシリーズのカタログ用写真を撮影。国内外で写真展を多数開催。「写真家の流儀」「ライカ通信」「カメラマガジン」「F5.6」(エイ出版社)、「GRパーフェクトガイド」「デジタルカメラマガジン」(インプレス)、「カメラライフ」「フォトテクニック」(玄光社)等、多数の書籍・雑誌に作品を掲載。主な出版に写真集 「Clarity and Precipitation」(arD)がある。1969年生まれ。上智大学国際関係法学科卒業。

robert_self_tosei500s安達ロベルト

講座名: 【公開講座】特別授業「写真家 安達ロベルトのシャシンの授業」
対 象: どなたでもご参加いただけます。
※当校 会員資格の有無を問いません。
※写真歴の長短は不問。カメラ初心者でも受講OK!
講 師: 安達ロベルト(波止場の写真学校 東京校 副学校長・写真家)
授業数: 2日間
日 時: 【1日目】2017/5/20(土) 10:00~17:00 予定
【2日目】2017/5/21(日) 10:00~17:00 予定
10:00~17:00 予定
定 員: 20名(要予約)
※最小催行人数12名
開講決定:
募集締切
各講座の開講2週間前 2017/5/7(日)
※上記の時点で、開講の決定を行います。
 最小催行人数に達しない場合は開講いたしません。
※開講決定後は前日までお申込みいただけます。
受講料: 32,400円 (税込) 
※2日間の受講料
※受講料は前納となります。
※開講決定後1週間以内、または開講が決定している場合は
お申込みをいただいてから1週間以内に、
下記の方法でご入金ください。

【1】銀行振込

【2】オンラインでのクレジットカード決済
(Square決済:VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESS対応)

【3】神戸本校窓口にて現金支払い または クレジットカード決済
(Square決済:VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESS対応)

会 場: meriken gallery & cafe 内 『波止場の写真学校』
〒650-0042 神戸市中央区波止場町6-5 上屋SO-KO
アクセス ⇒ http://kobe.hatoba-photo.jp/access/
当日スケジュール: <授業 1日目> 5/20(土)
10:00~12:00 1時限 「作品はアイディア」
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~17:00 2時限 「繰り返しの技法」(撮影実習とともに)

<授業 2日目> 5/21(日)
10:00~11:00 3時限 「作品は型破り」
11:00~12:00 4時限 「セットアップの技法」(説明、グループ分け)
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~17:00 4時限 「セットアップの技法」(撮影実習)
17:00     2日目修了・解散

※お昼休憩は1時間となり、メリケンカフェでお食事することもできます。

持 物: ・デジタルカメラ
・SDカード
・写真編集可能なノートPC(持っている人のみ)
・筆記具
キャンセル規定: 【キャンセル規定】
お申込みをキャンセルされる場合は、必ず、お問い合わせフォームからご連絡ください。
ご連絡いただいた時期により、下記所定の取消手数料が発生いたしますので、ご注意ください。

<取消手数料>
・お申込み~受講日の15日前まで ⇒ 受講料の20%
・受講日の14日前~8日前まで ⇒ 受講料の30%
・受講日の7日前~5日前まで ⇒ 受講料の50%
・受講日の4日前~2日前まで ⇒ 受講料の70%
・受講日の前日 ⇒ 受講料の90%
・受講日の当日または無連絡のまま当日を迎えられた場合 ⇒ 受講料の100%

当サイトのお申込みフォームは、SSL暗号化通信に対応した外部サイトへ移動します。